ソフトテニス

ソフトテニス フォアハンド テイクバック 打点 コツ まとめ

投稿日:

 

ソフトテニス フォアハンド テイクバック 打点 コツ まとめ

今回はフォアストロークの速いボールの打ち方っていうのを説明をしていきます。

速いボールを打つ大雑把なコツ。

まず、力をこめる場所っていうのは2点だけです。

まあ、細かく言うと3点あります。

インパクトの瞬間の握る力。

そして足。

足っていうのは動いている体を止める、踏ん張りの右足と前の脚。

パワースポットを作るほうの足。

この2点だけです。

その他は、できるだけ脱力してリラックスします。

まあ、この力を込めるといっても思いっきり100%込めるかっていうとそうじゃなくて、

ブレない程度。

最低限ですね。

あまり全力で力を込めると、疲れやすくなるので、

最低限ブレない程度って言う・・・。

微妙な感覚が大切になります。

じゃあ、もう少し細かく見ていきましょう。

 

 

 

 

 

 

まず、まあ今までの復習なんですけれども

体はつながっています。

例えば足の動き、体の動き、手の動き。テイクバック。

そういうのをみなさん勉強してきているとは思うんですけれども

今、打ててないってことは、別々に動いてしまってるんですね。

まずは、それをつなげるように意識をします。

体重移動をしてそれと同時に左ひじを引く。

すると、体が回転してきて

テイクバックで高く上げたラケットが下がり、

そのまま、インパクトに向かいフォロースルーという感じでつながるように、

もう一度ゆっくりできているかどうかというのを確認してみてください。

これが別々に動いている時点で、早く打つのは難しいです。

そしてテイクバックは、肩より高くっていう風に言ってるんですけれども、

頭より高く上げるのが打ちやすいと思います。

これはあとで写真で見ていきます。

そしてボールをフラットに叩くインドアがおすすめ。

これもあとで説明しましょう。

そして、多くの人が一番嫌がる膝を曲げて、腰を落とすっていうことです。

まあ、このあたりのポイント、一番上を除いて下の3つを詳しく見ていきます。

まずテイクバックは肩より高く。

先ほど、頭よりも高くといいましたけれども

この肩のラインで構えるのが一応基本なんですけれども

そうなるとどうしても、力が入ってしまうんですね。

一回やってもらったら分かるんですけれども

これをできるだけ上にあげた方が力は抜きやすいです。

そして、上級者になればなるほど、ラケットのテイクバックは上がっていくという

データがありますので

まあ、今の時点から上げておくっていうのもありかと思います。

と、いうことを言うとじゃあこのまま横に振ったら当たらないじゃないか。

トップ打ちしか打てないじゃないかっていう人もいるんですけれども、そうじゃなくて

この状態から打ちたいところの高さに落として打つわけです。

先ほど体の動きはつながっているというふうに言いました。

この落とし方っていうのも体が繋がっていると自然にできるようになります。

テイクバックからスムーズにスイングする方法という動画を上げています。

そこでは左肘を引くと、体が回転しだして

こっち側のテイクバックが耐えきれずになって自然な位置にさがりますっていう風に

説明をしました。

肘を引いて体が回転しだすとラケットが

ちょうどいい場所まで下がり、そのまま回転をさせていくと

ここでインパクトというふうになります。

今までの動きは全部つながっていますね。

これを自然にできるようにしていきます。

なので、テイクバックは高く、そこから落として打つということをできるようにしていきます。

そしてもう一つなんですけれども、同じところで打てるようにボールを予測します。

こんな感じでボールが飛んできて、この後

どこの高さで打つかっていうのをあらかじめ決めておきます。

それはボールをしっかり見て覚えて経験でなんとかするものです。

これがどこに来るか分からない、

こんな低いかもしれないし、ちょうどここの高さにくるかもしれないし、もっと跳ねるかもしれない。

動く幅がこんなに広くぐらいしか予測できなかったら当然対応はできません。

なので、大体この辺に来るだろうという予測をできるだけ狭くして、そこに向けて一瞬でスイング

を振るようにしましょう。

この予測が広すぎるので、ぎこちないスイングになってしまうわけです。

これは慣れです。

フォームも大事なんですけれどもボールをよく見て

この高さならこの高さ、というのをしっかり肌の感覚で覚えるようにしていきましょう。

これからはボールもよく見てあげましょう。

そしてボールをフラットにたたく。これは何回も言っていることです。

左がフラットにたたいた場合

右はドライブをかけようとしてラケットが斜めになった場合

斜めになった場合で真横にスイングをしたら当然ボールは下に飛んでいくので

体は無意識に下から上に振ろうとします。

そうすると当然力が上に逃げますのでスピードが出ないということになります。

真後ろから叩く。

ただし、中学生もしくは力のない女子高生の方たちは

真後ろから叩くと勢いが足りずネットの直前で失速してネットになる場合があるんですね。

そういう場合は、まあこち度感じになるんですけれどもネットを越えるように

下から上に向けて打つ。

ただし、ラケットは真後ろから叩くというような感じでやや上目に狙っていくといいです。

まあこのネットの例えば1メーター上を狙いましょうとか

もしくは2メーター上を狙えましょうという感じで

ちょっと下から上目に打つと良いです。

話を戻しますと、インドアがいいっていう風に書いてたんですけれども

これはフラットに当たるとすごく良い音が鳴るんですね。

カスって音ではなくてパーンという良い音が鳴ります。

それがインドアではよく聞こえるので一度

機会があるならインドアっていうのを体験してみると

フラットに打つ速いボールを打つという感覚はわかるようになります

ということで細かいポイント。

体はつながっていて全部は一つの動きです。

いうことと、テイクバックは肩より高く

まあ頭より高くてもいいぐらいです。

そしてボールをフラットにたたく。

膝を曲げて腰を落とす。この腰を落とす。

どのくらい落とすかっていうと自分の思い通りの

ところの高さで打てるように

例えば、高いボールが来たらそんなに落とさなくていいですね。

ただ低いボールが来たら

自分の腰の高さくらいで打ちたい場合は腰を落とさないといけません。

そのボールの予測と腰を落とす高さっていうのも考えてみましょう。

まぁちょっとややこしかったかも知れません。

ですが、今までの基本

それをつらつらと言っていただけなので

忘れているって方は、フォアストロークの打ち方の基本というところで復習をしてみてください。

それでは速いボールの打ち方フォアストローク編を終わります。

-ソフトテニス

Copyright© 野口英一指導ソフトテニス上達革命動画林田リコサーブ 基本ストロークなど , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.